都筑の花水木

 

花水木は、北アメリカ原産。皆様もご存知の事と思いますが日本における植栽は、1912年に当時の東京市長であった尾崎行雄が、アメリカ合衆国ワシントンD.C.へサクラ(ソメイヨシノ)を贈った際、1915年にその返礼として贈られたのが始まりとの事です。私の知る限りでは「白」と「ピンク」の可憐な花を楽しまさせてくれます。最近は、戸建ての家の庭 或は マンションの中の公園 更には街の中の公園にも咲いており、結構この季節よく見る花となっています。今回は、一点拘って「街路樹」として咲き誇っている、二ヶ所の「花水木」を訪ねて写真撮影してみました。 結論から言えば、もうそろそろ終盤に差し掛かっていた様です。  写真撮影 H28(2016)/04/26


 

中原街道(丸子・中山茅ヶ崎線)の向原交差点と茅ヶ崎中学校入口交差点の間 約200m

② 山田富士公園・稲荷坂橋からかくれんぼ公園・北山田小学校・麦笛歩道橋の間の遊歩道

約300m